もう【ブログに書くことがない】で悩まない│初心者あるあるの解決策

blog-idea

ブログに書くことが思いつかない…
どんな記事を書いたらいいのか分からなくて困ってる。

こんな人に読んでもらいたい
  • これからブログを始めようとしている人
  • ブログを始めたけど書くことがなくて困っている人
  • ブログに書くネタの考え方を知りたい人

ブログを始めてから悩む問題の一つとして、「書くことがない」という問題があります。

  • 人に紹介できるほど詳しいことがない
  • よく知っているジャンルのブログを始めたはずなのに、ネタが思いつかない
  • 書けそうなネタを思いついたのになぜか書けない

ブログを始めたら、誰もが経験すると思います。

僕も毎日10回はそう思っていました。。

書くことがないと悩んでいると、どんどんブログに対するモチベーションが下がっていくんですよね。

せっかくブログを始めても、続かないのはもったいないです。

この記事では、ブログに書くネタの考え方を紹介します。

これからブログを始めたい人や、今書くネタがなくて悩んでいる人の参考になるはずです。

具体的な内容を6つ紹介していますので、すぐにでも実践してみてくださいね。

ブログに書くことがないときは

ブログに書くネタに困ったときには、次のことを考えてみるとアイデアがふと浮かぶはずですよ。

  1. 自分の経験を整理する
  2. 誰のために書くかを考える
  3. たくさんインプットする
  4. メモする習慣をつける
  5. キーワード選定ツールからネタを探す
  6. ASPから書けるネタを探す

一つずつ、詳しく説明していきますね。

ブログネタの考え方①:自分の経験を整理する

ブログに書くネタを考えるには、まず自分の経験を振り返ってみましょう。

人生経験は一人ひとり違うので、あなたの経験はあなた自身しか経験していないことなんです。

自分が当たり前だと思っていることでも、他人にとっての当たり前ではありません。

今までの自分の人生を振り返りながら、次のことについて書き出してみましょう。

  • 過去の経験
  • 悩んだこと
  • 困ったこと
  • 学んだこと

その時々で悩みを解決しながら今まで生きてきたはずです。

その解決方法を記事にすれば、あなたと同じような悩みを抱えている人にとっての助けになるんです。

同じような悩みの解決方法はすでに見つかるかもしれませんが、経験はあなただけのものです。

あなたの立場から書いた文章は、唯一の経験が反映された記事になります。

時間が経つと、どんなことで悩んでいただろう?と思い返すのが難しくなりますよね。

これから起こる悩みを書き留めておくために、日記を書く習慣をつけるのもおすすめです。

ブログネタの考え方②:誰のために書くかを考える

全員にとって有益な情報となるような記事を書かなきゃ、と思ってしまうと全く筆が進まなくなります。

たとえ同じ記事を読んだとしても、読む人によってさまざまな反応が考えられます。

考えられる反応
  • その情報に興味がない人
  • ちょうど解決方法を知りたかった人
  • すでに知っており、当たり前だと思う人

ブログを書くうえで大切なことは、誰に向けて書くのかを決めることです。

ブログ全体の想定読者を考えておくと、統一感が生まれるので読まれやすいブログになります。

つまり、たった一人の想定読者に向けて書くと、より刺さる記事になるということ。

そう言われても、想定読者が思いつかないよ。

そう思う人もいますよね。

想定読者が思いつかない人は、過去の自分に向けて書くのがおすすめです。

自分自身の経験が活かせるため、書きやすい内容であることは間違いありません。

自分が過去に悩んだことを解決する記事を書けば、今同じ悩みで苦しんでいる人にとっての助けになります。

ブログネタの考え方③:たくさんインプットする

書くネタがないというのは、言い換えれば、書けるネタが分からないと言えます。

ネタは思いつくけれど、浅い知識しかなかったり。

書けるはずのネタなのに、自分には書けないと思っていたり。

浅い知識しかないことに気づいたのなら、狭く深い知識をつけるために何か一つを掘り下げて調べてみるとか。

あるいは、今の知識で書けるネタに気づくために、まずは色んな人のブログを読み漁るとか。

他の人はどんな内容でブログを書いているんだろう?という視点でブログを読むと、新しい発見が多いと思います。

案外身近なところにネタが転がっていることに気づけるはずです。

他の人のブログの丸パクリには注意!

他の人のブログを参考にするときは、あくまで記事のネタを探すために留めておきましょう。

記事の構成は真似してもいいですが、実際に書く言葉は自分で考えないといけませんよ。

ブログネタの考え方④:メモする習慣をつける

記事のネタになりそうなことを思いついたとしても、すぐに忘れてしまうことはありませんか?

記憶には、短期記憶長期記憶の2種類があります。

記憶の仕組みとしては、まず短期記憶から始まり、そのあとで長期記憶に移行します。

短期記憶は長くても数十秒で失われると言われており、これが思いついた記事ネタをすぐに忘れる理由です。

パッと思いついたアイデアを忘れる前に、メモする習慣をつけましょう。

紙に書くよりも、スマホでメモする方がおすすめです。

その場で手軽にメモできることは大きなメリットです。

後から書いたメモを整理するのが簡単なのも、スマホでメモすることの利点です。

僕はGoogle Keepというメモアプリを使っています。

ブログネタの考え方⑤:キーワード選定ツールからネタを探す

キーワードから書けるネタを逆算するという方法も一つの手です。

キーワードを探すには、定番ですが以下のようなツールがおすすめです。

どちらも無料で使えます。

検索するキーワードの考え方としては、次のようなものがあります。

キーワードの考え方
  • すでに書いた記事に関連するキーワードを見つける
  • 好きなことや興味のあるものをキーワードにする

読まれやすい記事を書くためのキーワードを探すには、コツがあります。

そのコツとは、短いキーワードよりも、2,3語のキーワードを選ぶこと。

ブログ

ブログ 初心者 始め方

このような2,3語のキーワードを、ロングテールキーワードと言います。

単純なキーワードは競争率が高く、すでに質の高い記事が存在する可能性が高いです。

競争相手が少ない場所を狙って記事を書けると、効率よく検索結果上位に表示されるようになりますよ。

ブログネタの考え方⑥:ASPから書けるネタを探す

この方法は、アフィリエイトで稼ぎたいと思っている人には特におすすめの方法です。

まずASPに登録して、紹介できそうな商品を探します。

ASPによって得意なジャンルが違ったり、報酬率も異なったりするので、複数のASPに登録しておくといいですよ。

ブログ初心者にもおすすめできる、定番なASPは以下の5つです。

それぞれのASPの特徴や詳細は、ブログ初心者がまず登録しておくべき5つのASPを紹介した記事で説明しています。

複数のASPに登録すると、どんな商品が使用者にとって本当に有益な商品なのかも分かってきます。

怪しい商品を避ける目利き力がつきます。

いい商品を紹介することの大きなメリットは、読者からの信頼が得られること。

信頼感が大きくなるにつれて、他の商品も紹介しやすくなりますからね。

まとめ

この記事では、ブログ初心者に向けて、ブログに書くネタに困ったときに考えてみるべき6つの方法を紹介しました。

  1. 自分の経験を整理する
  2. 誰のために書くかを考える
  3. たくさんインプットする
  4. メモする習慣をつける
  5. キーワード選定ツールからネタを探す
  6. ASPから書けるネタを探す

せっかくブログを始めたからには、ブログを続けたいですよね。

継続することが一番難しいことですが、継続しないと結果は出ません。

この記事で少しでもモチベーションを上げられたら嬉しいです。

これからブログを始めたい人や、今書くネタがなくて悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました