ブログ初心者が1ヶ月目にやっておくべき6つのこと|基盤づくりが大事

foundation-building

ブログを始めたけど、何から手を付けていいか分からない。
効率よく、長くブログを続けていきたいな。


ブログを始めて間もない人に向けて、1ヶ月の間にやっておくといいことを紹介します。

ただがむしゃらにやっても効率よくブログを伸ばすことはできません。

はじめの1ヶ月のうちにしっかり基盤を整えておくことで、長くブログを続けられるようになります。

この記事では、ブログを始めた当初を振り返り、基盤づくりとしてやっておいて良かったこと、やっておいた方が良かったな、と思うことをまとめています。

それが以下の6項目です。

基盤づくりのための6項目
  • 目的意識を持つ
  • ブログを書く習慣をつくる
  • 質より量を意識する
  • 他の人のブログを読む
  • ASPに登録する
  • Twitterを活用する

この記事は、僕がブログを始めてから4ヶ月目に書いています。

最初のうちは誰でも初心者です。

ブログを始めたばかりで右も左も分からないと思いますが、初心者を経験しているのはあなただけではありません。

初めのうちにしっかり基盤をつくって、ブログを続けるための土台にしましょう。

1.目的意識を持つ

ブログを書くうえで一番大切なことは、目的意識を持つことです。

目的意識とは、次のことを指します。

  • 何のためにブログを書くのか
  • 誰のためにブログを書くのか

言い換えると、こうなります。

あなたはブログを通して、誰に、どのような価値を提供できますか?

これら2つの目的意識について、もう少し詳しく掘り下げますね。

何のためにブログを書くのか

あなたがブログを始めたきっかけは何でしたか?

  • 会社を辞めたいから
  • ブログをおすすめされたから
  • もっと稼ぎたいから

おすすめされたから始めた、という人は要注意です。

いずれブログに対するモチベーションが下がり、続けられない可能性が高いです。

というのも、ブログで成果が出るようになるには半年ほどの時間が必要だと言われているからです。

おすすめされたから」という理由だけで始めた人は、結果が出る前に力尽きてしまうでしょう。

ブログを通して達成したい目標が、ブログを書く目的になります。

目的はより具体的であるほど、継続する力になります。

また、自分目線での目的よりは、誰かのために与えられることを目的にしたほうがいいですよ。

誰のためにブログを書くのか

ブログと言えど、一つのビジネスです。

ビジネスは、お客さん(ユーザー・読者)がいて成り立っています。

お客さんに対して何らかの価値を提供する対価として、収益が発生します。

ブログで提供できる価値とは、読者の悩みを解決する情報です。

先に誰かに与えられる人は、人からの信頼感を得られやすいです。

俺に金をくれ!って叫んでいる人にお金を払う人なんていませんよね?

まず先に、誰かにとって有益な情報を伝えること。

つい忘れがちですが、これを念頭に置きましょう。

当たり前ですが、忘れがちです。

2.ブログを書く習慣をつくる

ブログを始めて立ちはだかる大きな壁の一つに、続けられないという悩みがあります。

ブログを始めたということは、その分別の何かに使っていた時間を削っているということ。

基本的に、人間は変化を嫌い、楽をしたがる生き物です。

新しいことを始めたばかりのときはモチベーションが高いんですよね。

でも今日は疲れたからいいや、と思って一度気持ちが途切れると、その後もだんだんスマホを触る時間が増えていったりして、気が付けば元の生活サイクルに戻っている。

こんな経験、心当たりありませんか?

続けられないという悩みの解決方法はいたってシンプルで、何が何でも続けること

根性論ですが、たったこれだけです。

仕事や家事が忙しくて時間がないときもあると思いますが、少しでもブログに向き合う時間をつくるしかありません。

スマホから離れる、やるべきことの時間を区切るなど、続けられる環境を整えるというのも大事な要素です。

3.質より量を意識する

ブログを始めて間もないときは、時間をかけて質を高めようとするよりも量をこなすことを意識しましょう。

いざブログを書き始めても、すぐに手が止まってしまっていませんか?

書き方に悩みながら書ききったとしても、公開できるレベルじゃないなと思うこともありますよね。

もうちょっと詳しく説明した方がいいかな?
なんかうまく書けてない気がする…
自分が書いた記事のクオリティの低さに呆れる…

こう考える気持ちは分かりますし、うまく書けないのも事実だと思います。

勉強やスポーツなら、初めから上手くできるわけがないというのは理解できますよね?

文章を書くのも同じこと。

初めから上手くできなくて当然なんです。

1か月前に書いた記事がつたない文章に感じることなんて、よくあります。

続けていれば少しずつ上達していくので、初めのうちは質を気にする必要はありません。

それよりも量を重視して、文章を書くことに慣れましょう。

書き換えたければあとから気軽に記事を修正できるので、まずは量をこなすことをおすすめします。

4.他の人のブログを読む

他の人のブログを読むことも、早いうちにしておくことをおすすめします。

何事も、上達するコツは真似ることからです。

CHECK
  • 読みやすい文章だと感じる理由
  • 読んでいて飽きさせない要因

有名なブログを読んでみるとどれも、シンプルに見えて様々な工夫を凝らしていることに気づきます。

真似ることは悪いことじゃありません。

他の人のブログからただ文章をコピペをするという真似方は悪いことですが、テクニックを真似るのはむしろやった方がいいです。

初心者が自分の経験だけで学んでいっても上達はできますが、上手い人のやり方を真似る方が効率よく上達できますからね。

5.ASPに登録する

ASPとは、アフィリエイトの仲介業者のことです。

ブログにおける収益化の仕組みの中でもアフィリエイトは大きな収益が見込めるため、ブログで稼ぐためにアフィリエイトは必須と言えます。

実際にトップブロガーのほとんども、アフィリエイトによる収益が大部分を占めています。

ブログで収益をあげようと思ったらいずれ登録することになるので、早いうちに登録しておいて損はありません。

また、アフィリエイト広告を貼りたいと思ってもすぐに貼れるわけではないです。

広告主に申請して承認されないと貼ることはできないのですが、承認まで1~2週間かかることもよくあります。

ASPによって得意なジャンルが違ったり、報酬率も異なったりするので、複数のASPに登録しておくといいですよ。

ブログ初心者にもおすすめできる、定番なASPは以下の5つです。

それぞれのASPの特徴や詳細は、ブログ初心者がまず登録しておくべき5つのASPを紹介した記事で説明しています。

6.Twitterを活用する

残念ながら、ブログを始めてもすぐに読まれるようになるわけではありません。

Googleの検索エンジンの仕組み的に、ブログを開設してからだいたい3ヶ月くらい経たないとまともに検索結果にも表示されません。

つまり、初めの3ヶ月は検索からブログへのアクセスが見込めないということですね。

それを補う役割として、Twitterを活用する方法があります。

Twitterをうまく活用すれば、努力次第ですぐにTwitter経由のアクセスを増やすことができます。

検索結果に表示されずに誰にも読まれない日々が続くよりは、Twitterからの流入を心の支えにする方がモチベーションが続くかもしれませんね。

ただし注意点もあります。

自分のつぶやきに対する反応が気になる
ついつい時間を使ってしまいがち
他人とのコミュニケーションに疲れる

上記のように、使い方によってはTwitterに悩まされる可能性があることも覚えておいてください。

何事も距離感が大事です。

まとめ:ブログ初心者が1ヶ月目にやっておくべき6つのこと

この記事では、僕がブログを始めた当初を振り返り、基盤づくりとしてやっておいて良かったこと、やっておいた方が良かったな、と思うことを6つ紹介しました。

それが以下の6項目です。

基盤づくりのための6項目
  • 目的意識を持つ
  • ブログを書く習慣をつくる
  • 質より量を意識する
  • 他の人のブログを読む
  • ASPに登録する
  • Twitterを活用する

せっかくブログを始めたのなら、続けたいですよね。

初めのうちは上手くできないことも多いですが、それで当然だと考えてください。

すぐには結果も出ずにつらい思いをしたとしても、続けていれば必ず成長して大事な資産になります。

しっかり足元を固めて、ブログを続けられる土台を作っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました