【たった1つ】会話が苦手なINTJがコミュニケーションするときに意識すべきこと

intj-communication

INTJは言葉が上手く出てこず、会話が苦手。

雑談や会話が苦手だから人との関わりを避けるようになって、よけいに会話への苦手意識が高まるというループに陥っている人は多いんじゃないでしょうか。

ただし、他人ができているからといってINTJも同じように会話できなければいけないというわけではありません。

人には得意不得意があって当然です。

INTJが意識すべきことは、できる限り非同期型コミュニケーションを利用すること。

非同期型コミュニケーション」とは、自分のペースでレスポンスを返せるメールやチャットなどのコミュニケーション手段のことです。

この記事では、なぜINTJに非同期型コミュニケーションが適しているのかという理由を説明します。

この記事を読むと分かること
  • INTJが会話が苦手な理由
  • INTJに向いているコミュニケーション手段

この記事を書いている僕自身、 無料性格診断テスト | 16Personalitiesで性格診断をしたらINTJ型でした。

INTJ目線から書いているので、INTJではない人にとっては「こういった理由で会話が苦手だと思うんだな」と思えるでしょうし、INTJの人にとっては「そうそう、この感覚分かる!」と思える内容になっていると思います。

INTJの特徴は合理性の高さ

bull's eye

INTJには、良くも悪くも合理的であるという特徴があります。

合理的であることの良い側面
効率化・自律が得意

合理的であることの悪い側面
感情を無視しがち・規則や伝統を嫌う

合理性を求めたら雑談に意味を見出せずに人との会話を避けるようになり、結果的に人間関係が上手くいかなくなって生きづらさを感じることも。

自分自身の行動が原因で生きづらさを生んでいるんですけどね。

自分のポリシーを曲げない性格なのもINTJの特徴なので、自分らしくあろうとした結果生きづらくなるという不器用さ。

本来INTJが伸び伸びと生活できる環境と、会社や友人関係といった狭いコミュニティの中で生活することの多い社会の仕組みがかみ合っていないんですよね。

合理性を追求した結果、視覚優位の映像思考型になる

camera

合理性の追求は、INTJの考え方にも表れます。

頭の中には視覚的な映像・画像があり、そのイメージのまま考えを巡らせるという「映像思考型」であるという点です。

対照的なのは聴覚優位の「言語思考型」であり、こちらは言葉で考えるタイプを指します。

2タイプの思考方法
  • 映像思考型
    視覚優位であり、映像や画像といった目に見える情報で考えるタイプ
  • 言語思考型
    聴覚優位であり、話した言葉や文章といった言語情報で考えるタイプ

なぜINTJが映像思考型なのかというと、言葉で思考するよりも映像で思考した方が一度に処理できる情報が多いので効率的であるためです。

ただし実際に他のINTJの人に聞いたことがあるわけではないので、この思考がINTJ全員に当てはまるのかは定かではありません。

しかし合理性の追求という特徴は、少なからず映像思考型との関連性があるのではないかと思っています。

この記事を読んでいるあなたはどのような思考方法でしょうか。

映像思考型は言葉が出づらいから会話が苦手

映像思考型の人は、会話への苦手意識が大きくなります。

考えていることをすぐに言葉にできないため、返答がワンテンポ遅れたりいい言葉が思い浮かばずに黙り込んでしまうことがあるからです。

頭の中に見えている映像をそのまま見てもらえれば簡単に伝えられるのに…!」と思うこともしばしば。

だから、映像思考型にとって次のような場面は「自分に話を振ってこないでくれ」と願いたくなる場面です。

映像思考型が苦手な場面
  • 自己紹介
  • エピソードトーク
  • 進捗会議

頭の中に浮かんだ言葉をそのまま出してしまっては、まとまりがなくて結局何が言いたいのか伝わらない。

見えている映像から情報を取捨選択して言葉に変換する作業をずっと頭の中で繰り返しているので、会話したあとはいつも疲労感が残ります。

こんなに疲れるならいっそ会話したくないな…と思ってしまうのも当然かもしれませんね。

視覚優位の映像思考型については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

>>説明やコミュニケーションが苦手。それは視覚優位の特徴が原因かも?

INTJには非同期型コミュニケーションが向いている

mail

合理的であり会話が苦手なINTJは、意識して非同期型のコミュニケーションを多くすることをおすすめします。

コミュニケーション手段には、次の2種類があります。

コミュニケーション手段の種類
  • 同期型コミュニケーション
    リアルタイムで情報を共有する
    例)会話、電話
  • 非同期型コミュニケーション
    それぞれが自分のペースでやりとりする
    例)メール、チャット

INTJは考えていることをすぐに言葉をまとめられないので、時間をかけて適切な言葉を選んだり書いた文章を推敲したりできる方が向いています。

仕事面においても、非同期コミュニケーションをメインにできるとINTJは伸び伸びと働けます。

会社員で働く場合って、大体は職場に出社して人に囲まれながら仕事をすることになるじゃないですか。

そうすると自分が作業してても急に話を振られたり、会話に巻き込まれたりすることもありますよね。

それでうまく返答できないと仕事ができないと思われてしまうこともあるので、職場はとても気を使う場所です。

>>INTJは仕事ができない?INTJが会社員に向かない原因とは

対処法としてはなるべくメールやチャットでコミュニケーションし、「自分のペースで返事をしたい人なんだ」という立ち位置につけたらいいですね。

ここ数年で急速に普及したリモートワーク・在宅ワークも、可能なら積極的に利用することをおすすめします。

まとめ:会話が苦手なINTJには非同期型コミュニケーションがおすすめ

会話が苦手なINTJは人間関係を避けることが多く、生きづらさを感じている人も多いと思います。

ですが 他人と同じように行動しなければいけないわけではありません。

人と関わるほどよけいに会話への苦手意識が高まるという負のループに陥ることもあるので、無理は禁物です。

人には得意不得意があって当然です。

INTJが1つだけ意識すべきことは、できる限り非同期型コミュニケーションを利用すること。

テキストベースで時間をかけたり推敲したりできる、自分のペースでコミュニケーション可能な環境に身を置くことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました