孤独な時間は集中力を生む│クリエイティブな趣味や副業に最適

loneliness chance

一人で過ごすことが寂しく感じます…。
何かで気を紛らわせたいけど何をしたらいいか分からない。

あなたは毎日、寂しさを感じているでしょうか。

家で一人で過ごすことにもすっかり慣れ、日に日に暇だと感じる時間が多くなっているでしょうか。

好きだったYouTubeやゲームなどにも飽きた
やることがないし、やりたいこともない

そんなふうに思い始めたあなたにおすすめするのは、クリエイティブな趣味を新しく始めることです。

寂しさを感じているときは、クリエイティブな趣味へ集中して取り組めるチャンスです。

満たされない気持ちを抱えているときは、その不満を解消する何かに依存しがちです。

その依存しやすさを逆手に取って、新しいことへの集中力に変えてみませんか?

寂しさが負の方向に働いていることに気づく

chair

これを読んでいるあなたは、一人で過ごすことが多い人でしょうか。

自分から一人になることを選択している場合や、あるいは外的要因で一人になってしまっている場合があるでしょう。

はじめのうちは一人でいることが気楽に感じられるかもしれません。

でも、あるとき気づきます。

あれ、、、寂しい。

一人で過ごす時間が長くなるほど疎外感が大きくなっていきますよね。

  • 家族とのつながり
  • 友人とのつながり
  • 社会とのつながり

人との関わりが好きではないからと自分を慰めることもできますが、かといって全く人と関わらない生活が続くと、どこまでも落ちていくような感覚になります。

そう気づいたときは危険信号です。

いえ、むしろ気づいたときはチャンスです。

際限なく落ちていってしまう前に、生活スタイルを見直しましょう。

別に、誰かと会って話をしたり、わざわざ人混みに出向いたりする必要はありません。

まずは負のスパイラルに陥っている自分を認識するだけで十分です。

何かに夢中なときは寂しさを忘れる

style myself

寂しさを感じる原因は、その寂しさを感じるだけの余裕があるからです。

  • 時間的な余裕
  • 思考的な余裕

その寂しさを埋めるようにお酒やギャンブルなどに手を出す人も少なくありませんが、それはおすすめしません。

健康に支障をきたしたり、金銭的に疲弊したりする可能性が高いからです。

一時的な快楽のために、未来を自分の手で壊してしまう可能性が高い依存は避けましょう。

今だけ良ければいい、という考えは捨てましょう。


それよりも、寂しさを埋めたいという気持ちを逆手に取ってみましょう。

自分のスキルアップや新たな学びにつながるようなものへ依存するほうが、よっぽどメリットがあると思いませんか?

寂しさを埋めるために僕が夢中になったこと

大学生の頃の僕も同じように、一人で過ごし続ける期間が長くありました。

一人が好きだからといって基本的に家で過ごしていて、誰かを遊びに誘うこともない生活を数年続けていました。

常に心の片隅に寂しさを抱えながらも、それが自分の選んだ生き方だと半ば納得しながらアニメや動画をだらだらと見る生活をしていました。

しかし、あるときふと思いました。

自分はこの生活のまま人生を終えるのか?

そう気づいてしまってからも、行動すべきか悩みました。

でも、行動しなければ何も変わらないし、誰かが変えてくれるわけでもない。

とりあえず何か新しいことに時間を使ってみようと思い立ち、昔から興味だけはあったピアノを趣味で始めました。

音楽の知識や経験はゼロからでした。

元々興味があったこともあり、音楽の知識を学びながら次第にピアノと向き合う時間が増えていきました。

何もわからない、知らないという完全にゼロの状態から、自分の経験として知識と演奏技術が身についていくのはとても楽しく感じられました。

この時期を振り返ってみると、明らかにピアノに依存していたと言えます。

寂しさからの逃げという意味での依存先ではありましたが、楽しみが一つあるだけでも精神状態は大きく変わることを感じた経験です。

このような、誰に迷惑をかけることもなく、自分の成長につながるようないい依存ができると精神的に安定します。

今でも毎日10分くらいは弾く程度には、ゆるく楽しんで続いています。

寂しさを糧にして新しい趣味を始める

piano

今のあなたにとって、何か新しいことを始めるのには大きな力が必要かもしれません。

ですが、ほんの少しでも現状のサイクルとは違ったことを始めてみることをおすすめします。

寂しさを感じたとしても、自分にはこれがあるから問題ない、と思えることが見つかると心の支えになります。

ただ、新しいことを始めたらと言われても、何を始めたらいいか分からない人もいると思います。

そんな人は、ぜひクリエイティブな趣味を始めてみてください。

クリエイティブは能動的とも言い換えられます。

自分から主体的に動くような趣味のことで、例えば次のようなものがあります。

  • 楽器演奏
  • イラスト制作
  • プログラミング

自分自身のスキルアップや成長が感じられると、自己肯定感を高めながら夢中になってのめり込むことができますよ。

しかも、能動的な趣味をすると、仮に趣味をやめたとしても経験が残ります。

経験が残るというのは受動的な趣味との大きな違いであり、自分ができることが増えるということです。

経験が積み重なることで、充実した時間を過ごせたと思えるようになりますよ。

まとめ

一人で過ごす時間が長くなるうちに、ふと寂しさに気づくことがあります。

やることがないし、やりたいこともない。

そんなふうに思い始めたあなたにおすすめするのは、クリエイティブな趣味を新しく始めることです。

まずは、クリエイティブな趣味ってどんなものがあるのだろうと調べてみてください。

寂しさを感じているときは、クリエイティブな趣味へ集中して取り組めるチャンスです。

寂しさからの逃げとしての依存だとしても、スキルアップや新たな学びにつながるものへの依存なら始めてみるメリットがあると思いませんか?

タイトルとURLをコピーしました