人間関係は刺激である│他人との距離感の保ち方

stimulation distance

他人と関わることに対する精神的な負担が大きく感じます。良好な人間関係を築くのが苦手です…。

人間関係って疲れますよね。

欲しい情報を、必要なときに必要なだけ得られればいいのにと思うことがあります。

でもこのような考え方では、良好な人間関係を築くことができないことは分かると思います。

相手からしたら、単なるわがままな人に見えますからね。

ではなぜ、このような考え方をしてしまうのでしょうか。

要因は、他人の感情が大きな刺激になってしまうことにあります。

  • 重苦しい空気を感じやすい
  • 人混みにいると息が詰まる
  • 他人の目が気になる

自分でコントロールできない範囲から大きな刺激が入ってくるため、無意識に避けようとしてしまうのです。

解決策としては、できるだけ自分のペースで関われる距離感を保つことをおすすめします。

この記事では、以下の内容について具体的に説明しますね。

この記事を読むと分かること
  • 人間関係が大きな刺激になること
  • 適切な他人との距離感

人間関係に求めるもの

Jigsaw puzzle

他人と関わるとき、相手からの返答に何を求めるでしょうか。

「疑問に対する答え」ではないですか?

一を聞いて十を知るような返答ではなく、一を聞いたら明確に一が返ってきてほしい。

でも、大半の人はこのようなコミュニケーションをすることはありません。

雑談と言う名の無駄を楽しみ、ただ人と話している時間そのものが有意義だと感じている人が多いです。

人は、情報と感情に分解することができます。

その人自身が知識や経験として持っている事実と、その事実に対して思考した結果である感情とを持ち合わせています。

人の構成要素を念頭に置いたうえで、コミュニケーションするときを想像しましょう。

自分としては欲しい情報だけが得られれば十分だと思っているのに、相手の勝手な感情により想定外の情報がついてくることがあります。

返ってくる想定外の情報
  • 聞いていないことに対する答え
  • 全く違う別の話題
  • イライラや悲しみといった、負の感情を含む情報

これらはすべて、自分が求めていないにもかかわらず相手が勝手に発信していることです。

両者の求めるものが一致している状態、たとえば想定外の答えを楽しんでいるような場合は問題にはなりません。

雑談や悩み相談などが当てはまりますね。

しかし自分にとって必要な答えが明確に決まっている場合は、必要以上の情報が入ってくると途端にシャットアウトしたくなります。

このような経験が積み重なり、他人と関わることと疲労感が結びつくようになります。

結果として、誰かと一緒に過ごすよりも一人でいることを選ぶようになっていきます。

他人との距離感の保ち方

distance

一人が好きな人、誰かと一緒にいるのが好きな人、どちらが正しいというわけではありません。

ただ、人によって他人との望ましい距離感が異なるだけのことです。

他人との距離感を意識したことはありますか?

一人が落ち着くあなたは、なるべく感情に左右されない距離感で他人と関わるといいでしょう。

つまり、できるだけ間接的なコミュニケーションをとることをおすすめします。

直接会って話したり電話したりするのではなく、自分のペースで返事ができるメールやチャットなどが当てはまり「非同期コミュニケーション」とも言われます。

他人との関わりは、以下の順でより間接的になっていきます。

コミュニケーションの同期度
  1. 対面
  2. 画面越し
  3. 音声のみ(電話など)
  4. 文字のみ(メールなど)

ちょうどいい距離感というのは、人それぞれで異なります。

必ずしもすべての関わりを思い通りにすることは難しいかもしれません。

業務上、直接関わらなければいけない場面もあるかと思います。

ですが、ぜひ「距離感」を意識してみてください。

頻度としての距離感

他人との距離感を保つにあたっては、頻度も重要な要因です。

一人で過ごす時間をつくることで、体力的にも精神的にも回復できます。

一日に一度なのか、数時間に一度なのか、あるいはそれ以上なのか、一人になる時間が必要な頻度は人によって異なります。

人と接している時間がどのくらい経つと、自分が息苦しくなるのかを知りましょう。

  • 人数
  • 相手との関係性
  • ビジネスの場か、プライベートの場か

状況によって差があるかと思います。

重要なことは、一人で過ごすことで回復する自分であるということを認識することです。

そのうえで、どのくらいで回復できるかを見極めましょう。

まとめ

人間関係を構築するにあたっては、大半の人は無駄なコミュニケーションを楽しむ傾向にあります。

でも人間関係で求めるものが異なり、余計な情報は必要ないと考える人もいます。

僕も、あなたも同じように。

マイノリティな考え方をもつことを認識したうえで、そんな自分を受け入れてください。

大多数の声に従って同じようなコミュニケーションをし続けると、いつまでも疲労感が拭えません。

できる限り間接的なコミュニケーション手段を選び、他人との距離感をとって生活しましょう。

人とは違ってもいいんです。

タイトルとURLをコピーしました