年功序列はデメリットしかない?モチベーションが上がらない日本の会社の仕組み

Low motivation

この記事では、次のような悩みに答えます。

  • 仕事のモチベーションが上がらない…
  • 年功序列ってデメリットしかないのでは?

この記事を読んでいる人は、20代や30代の人が多いと思います。

20代や30代といった若い世代が年功序列制度の会社で働いている場合、あまり十分とは言えない額の給料で働かされてモチベーションが下がることがよくあります。

やりたくもない仕事を安い給料でやっていたら、モチベーションは下がりますよね。

頑張って働いたとしても、昇給は年に数千円程度。

それにもかかわらず、明らかに自分よりも頑張っていないおじさん達が自分の2倍以上の給料をもらっているなんてことも。

結論から言うと、年功序列は今の時代には合っていません。

この記事では、年功序列制度に不満をもったあなたのモチベーションが下がる理由とその対策をお伝えします。

日本の会社では年功序列が根強い

order

はじめに、知っている人がほとんどだと思いますが、今の日本の会社の特徴を見てみましょう。

特徴としては次の3つが挙げられます。

今の日本の会社の仕組み
  • 年功序列
  • 終身雇用
  • 一般職と管理職

新卒で入社した会社で働き続け、年齢を重ねるごとに昇給して管理職になり、その会社で定年を迎える」という会社員像は多くの人がもっている印象ではないでしょうか。

実際に大企業の多くは年功序列型の雇用形態を採用しています。

それに対し、ソニーやパナソニック、日立といった少数の企業では年功序列を廃止し、成果主義という考え方を導入しています。

それぞれの違いは次のようになります。

年功序列と成果主義の違い
  • 年功序列
    勤続年数や年齢といった要素を重視して昇進や年収を決める人事制度
  • 成果主義
    勤続年数や年齢に関係なく、社員が仕事で達成した成果を重視する人事制度

ベンチャー企業では成果主義を採用しているところも増えていますが、まだまだ一般的には年功序列が根強いと言えます。

年功序列の制度はいつからあるの?

日本の企業は大昔から年功序列制度だったわけではありません。

年功序列制度が導入されたのは第二次世界大戦後のことであり、それまでは成果主義が主流だったそうです。

高度経済成長に向かって大量の社員を雇う企業が多くなったため、人事的に評価しやすい年功序列が浸透していきました。

戦後復興のために社会全体が成長している実感を得られていた時代には安定した年功序列制度はよくマッチしていたようですが、今の日本は人口減少・少子高齢化が進んでおり右肩上がりに成長し続ける国ではなくなっています。

また、この記事を読んでいるあなたのように不満が出ている時点でデメリットが多く、今の時代に合っているとは言えませんよね。

今の会社で働き続けた場合の未来はほぼ予測できる

prediction

今の会社で働き続けたらどうなるだろうかと想像したことはありますか?

目の前のタスクに追われ、仕事を続けた先にどんな未来が待っているのか。

その答えはあなたの上司が知っています。

なぜなら、年功序列制度がある限りは年齢によって業務内容やもらえる給料はだいたい決まるから。

新卒で入社したときは全員が平社員で、現場での業務をこなして昇進していき管理職になるという大きな流れは変えられません。

入社していきなりマネジメント業務をすることはないですよね。

つまり、今の会社で働き続けて数十年後にどんな姿になっているかを知りたければ、数十歳年上の上司を見れば分かるんです。

給料が決まるということは、生活水準もある程度似たようなものになってきます。

あなたは数十年先、今の上司のようになりたいですか?

年功序列の崩壊に備えてモチベーションを高める

Earn money on your own

ここまでは年功序列の歴史や予測できる将来の自分の姿についてお伝えしました。

これらの背景を整理すると、仕事に対するモチベーションが下がる理由が分かります。

仕事のモチベーションが下がる理由
  • 若いうちは低賃金で働かなければいけない
  • 働き続けても上司のようにしかならない
  • 日本全体の成長も見込めない
  • 頑張っても報われない気持ちが募る

仕事に対するモチベーションが下がる

ただし、モチベーションが下がったまま働いていても楽しくないですよね。

ここからはそんな負のスパイラルから抜け出したいと思った人のために対策を紹介します。

その対策とは、来たるべき成果主義に備えて、今から自分の能力を高めておくこと。

具体的には、個人で稼ぐ力を育てることによって会社から貰う給料とは別の収入源をつくることです。

年功序列制度では、仕事ができるできないにかかわらず安定した給料がもらえるというメリットがあります。

このメリットをうまく活用しましょう。

年功序列のメリット
  • 安定した給料
  • わずかながらも毎年昇給

現時点で安定した給料がもらえているのなら、その安定した土台の上に立ったまま副業として自分の力で稼ぐ経験を積んでおくことをおすすめします。

未来が明るくないからといって、むやみに会社をやめたり転職をしたりすることはリスクが大きいです。

一概に副業と言ってもさまざまな種類があるので、まずは試してみて自分に合うものを探してみるといいですね。

>>【在宅・副業で】一人でできる仕事11選【人と関わりたくない人におすすめ】

今はまだ年功序列が広く浸透していますが、いずれ年功序列は崩壊すると言われています。

2021年からはトヨタでも年功序列を廃止して完全成果評価制を導入しており、徐々に日本企業全体が成果主義に移行していくことは避けられないでしょう。

今50代や60代であればモチベーションが低いままでも定年まで逃げ切れるかもしれませんが、20代や30代の人はそうはいかない可能性が高いです。

自分がやりたいことで稼げるようになれば、モチベーションを高く保って働けるという大きなメリットがあります。

会社に依存しない稼ぎ方を身につけて、リスクヘッジをしておくことをおすすめしますよ。

タイトルとURLをコピーしました